リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:元気で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

インテリアリフォーム施工実例のご案内

                

高齢になってくると家に居る時間が増えてきます。新築時はキレイだったインテリアも色あせ、家族構成も変わっていることが多いと思われます。家に居る時間が多いと使いやすくインテリアをリフォームすると気分は上がり楽しく暮らせます。

K邸、玄関から和室を見た写真

玄関から和室を見る

玄関ホールの奥に和室があります。和室は常時開放してあり、玄関ホールと一体になっているのでたいへん広い空間を感じます。また、一体感をもたせるため、天井、壁の仕上げは同じにし、天井には木製の格子と和紙で作った照明で一体感を演出しています。

座卓は足が下ろせるようになっており、収納もできるようになっているので、来客の寝室にもなります。

                
                

K邸、和室から玄関を見た写真

和室から玄関ホールを見る。

玄関ホールと和室が一体になり、南と北から明かりが入り、トップライトからも明かりが入るので明るい玄関ホールです。

和室同様、玄関ホールにも座卓があり、足が下ろせるようになっていて座卓を収納できるようになっている。ホームパーティのような大げさなものでなくてもちょっと集まりには使えます。

また、気軽な来客は自然にこの座卓に座られるようです。

                
                

K邸、2階の杉板張りの廊下の写真

杉板張りの廊下

杉板などの板材は天然の自然素材です。やはり、自然のものは年数が経っても飽きがこない。日焼けなどにより色が濃くなってはくるが、水ぶきなどしなければ、古民家などでよく見かける木部が真っ黒に変色してしまうようなことはありません。一般的には白いビニールクロス貼りが多いのですが板材での仕上げは味わいがあります。

                
                

K邸、2階の杉板張りのリビング写真

杉板張りの部屋

杉板張りの部屋です。すべてを杉板張りにするとちょっとうっとうしく感じるため壁の一部と天井はビニールクロス貼りです。

天然木のため、木種、仕上げ等級によっては、高価なものもありますが、写真は杉板1等で節は多くありますが価格は抑えることができます。節があるのは味わいにもなります。