リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:元気で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

玄関ドアのリフォーム施工実例のご案内

                

玄関はその家の顔、玄関ドアがみすぼらしいとその家だけでなく、住人までも貧弱な印象を与える。玄関ドアをリフォームすれば気分を上げて生活できます。

最近は壁を壊さなくても玄関ドアのみを取り替えられるリフォームに対応した専用の玄関ドア商品もあります。

既設の玄関ドアを見た写真  新しくなった玄関ドアを見た写真

既設の玄関ドアを見る

木製の玄関ドアはやはり劣化しやすい。こうなると補修修繕ではどうにもならない。玄関ドアそのものを取り替えなければなりません。



新しくなった玄関ドアを見る

奥以前はメーカーが違うと寸法の合う商品がなく、既存の玄関ドアと同じメーカーの玄関ドアと交換しようとしても寸法があわないこともよくありました。また、建具屋さんが作ったオリジナルな木製ドアも既製品では対応できません。

新しい玄関ドアの寸法に合わせて壁を壊さなければなりませんでした。写真のお宅のようにタイルの壁だとたいへん面倒な工事になります。各サッシメーカーからリフォーム専用の玄関ドアが販売されています。既存のドアの寸法にあわせることができるのです。既存のドア枠を残して壁を壊すことなく玄関ドアだけを新しくできるのです。

玄関ドアが新しくなれば大きく印象が変わります。



大工さんオリジナルの既設の木製玄関ドアを見た写真  再塗装した玄関ドアを見た写真

既設の木製玄関ドアを見る<

木製の引き違い玄関ドアです。玄関ドアの室内側は白木でまだ美しいのですが、外部は雨風、紫外線の影響でイタミが激しく10年ほど前に一度再塗装されたそうですが、塗装のハガレや変色で見苦しくなってきたので当社に再塗装を依頼されました。



再塗装した玄関ドアを見る

築40年程度のお宅なので、とうてい新築時の白木のキレイなドアにはなりません。うまく漂白できたとしても1年足らずでまた、見苦しく変色してしまう可能性が大きいので回りの木部の色に合わせて再塗装することになりました。

既存の塗料をペーパーや薬品ではがし、軒天井の木部の色に合わせて再塗装いたしました。