リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:元気で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

築15年たち外壁の一部を塗替えリフォーム

                

ジョリパットの外壁の施工写真

施工後15年ほど経過した外壁で雨だれによる汚れや経年変化による塗料の劣化が目立ち始めたジョリパットの塗り壁(目地のある黄色の壁)をジョリパットの上から再塗装した。

周りのの壁は多層模様の塗り壁で新築当初より色は落ちているが、多層模様ということもあり、劣化はそれほど目立たない。費用のこともあり、多層模様の塗り壁の再塗装リフォームは見送られた。

単純に塗装している壁と違い塗り壁の場合は、汚れや経年変化が目立ちにくい。最近は、塗り壁は減ったが重量感と味わいがある。

基礎周りのリフォーム・工程写真紹介

基礎部分にクラックがはいり、表面のモルタルが剥がれて落ちている

木造の住宅の基礎部分のリフォームです。写真のごとく、基礎部分にクラックがはいり、表面のモルタルが剥がれて落ちています。クラックのない部分も基礎躯体からモルタルは浮いている状態で、やがてクラックが発生すると思われます。

                
                

基礎部分モルタルを叩き落とした

浮いているモルタルを叩いて落とし、コンクリート躯体をむき出しにした。

                
                

基礎部分モルタルをすべて叩き落とした

基礎部分ほとんどモルタルが浮いていたのでたたいて落とした。

                
                

クラック部分の補修

クラック部分の補修

                
                

タケモルネット

タケモルネットを基礎部分に併せて切断

                
                

タケモルフィラーの塗り

タケモルフィラーの塗り。既存躯体にタケモルネット、タケモルTM-100を塗るための下地材

                
                

基礎表面を塗装

基礎表面を塗装する。