リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:元気で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

外壁タイル貼替え

                

外壁全面タイル貼りの一部が剥離脱落した住宅のタイル貼替えと補修工事

築20年程度のRM(特殊形状のコンクリートブロックを型枠に使った壁式鉄筋コンクリート)造で総タイル貼りの立派な住宅ですが、タイルの一部が剥離脱落しました。

脱落したタイルは、ほとんどが壊れたため、脱落したタイル箇所の縦方向にタイルを斫りとり、プライマー、モルタル、吹付けタイルで仕上げた。残りのタイル部分も浮き調査を行い、浮いているタイルは剥がし、そのタイルに強力な付着力のあるプライマー入りのボンドで貼り直し、目地材を入れて仕上げた。当面は西面1面のみの施工だが、オイオイに他の面も調査施工を行う。

タイルの貼替えを行った外観写真



タイル剥離脱落の原因

20年ほど前のタイル圧着工法は、平準な躯体にタイルに圧着ボンドをつけタイルを貼るだけだったらしいです。現在のような吸水を止めるようなプライマーはなく、年数が経つと剥離脱落が起こるらしいのです。

こちらの住宅は2階建てですが、高層のマンションでも剥離脱落が起き、大変危険なため全ての外壁タイルを貼替えているらしいです。こちらの建物のように規模の小さな住宅にもタイル圧着工法は結構使われており、経年変化で剥離脱落が起きている建物も案外多いようです。

タイル貼替え工程写真

                

外壁タイルが剥離脱落した写真

                

外壁タイルが剥離脱落した箇所

玄写真のように特殊コンクリートブロックがむきだしでタイル下地は残っておらずかなりの範囲でタイル脱落が起きた。

プライマーがないため躯体ブロックとタイル下地ボンドの付着力が弱くなっている。脱落したタイルの縦方向のタイルを斫りとった。

                
                

プライマーを塗っている写真

タイルを斫りとった部分にプライマーを塗る

今、現在は吸水を止め付着力を高めるため、プライマーを塗るのは常識ですが、20年前はプライマーがなく、モルタルやタイルの脱落事故が多い。プライマーの上からモルタル、吹付けタイルを塗った。



タイルの浮きを打設調査している写真

タイル浮き検査

打設調査棒でタイルの浮きを調査しましたが、約半数のタイルが浮いていました。やがてそれらは剥離脱落すると予想されます。

打設音からして、タイルは完全に浮いている状態で大きな地震等があると脱落するかもしれない危険な状態と判断できます。



浮いているタイルを剥がす

タイルを剥がす

浮きが確認できたタイルを剥がすためにカッターを入れる。タイルの浮きが顕著なので割と簡単に剥がすことができた。また、カッターの振動で隣のタイルも浮いてくることがあり、そういう場合は浮きが顕著の場合は剥がし、そうでない場合は切り口にボンドをすり込んだ。



剥がしたタイルに強力な付着力のあるボンドで再圧着

剥がしたタイルを貼り直す

剥がしたタイルは、プライマー入りの付着力の強い圧着ボンドをつけて貼り、周りの目地色に合わせて目地材を充填していきます。