リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

エクステリア工事・・・開放的な構成のガーデン

                

プライバシーには難はありますが、オープンなエクステリアは防犯上は有利に働きます。今後住み続ける上でプライバシーなども考慮して植栽などを追加して徐々にガーデンらしくなっていくと思われます。

エクステリアの構成

事務所の概要

開放的な門塀

ハイルーフの大型車にも対応したカーポート、自転車置き場

人工木材のウッドデッキ

S邸オープンなエクステリアの写真

オープンなエクステリア

オープンにすると防犯上は有利ですが、プライバシー確保は難しくなります。こちらのお宅は新築でこれから住み始めます。

今後、住んでいくにつれて、プライバシーを意識した植栽等が徐々に増えていくとおもわれます。ガーデンは住み手がご自分の好みで自由に作られていきます。

エクステリアの紹介

オープンな門・塀と玄関アプローチ階段を見た写真

玄関アプローチ

門柱は左官コテ仕上げで郵便受けと表札(表札取り付け前の写真)を取り付けています。門柱横にはアルミの角パイプ3本並べて開放的な変化をつけています。

玄関アプローチ階段はアールをつけて柔らかい雰囲気とした。階段床は洗い出し仕上げ、階段周りは今後、施主の手で植栽が行われる予定。

擁壁と土留は化粧コンクリートブロックです。土留部分は施主の手により花壇になる予定です。

                
                
                

道路から駐車場と自転車置き場、ウッドデッキを見た写真

                

駐車スペース

駐車スペースの奥には自転車置き場がありますが、軽四自動車、小型の普通車を止めるスペースがあり、来客用の駐車スペースも兼ねています。

駐車場はコンクリートですが、クラック防止のため6cm程度の目地をとっていますが、大理石の玉石(モスグリーン)を敷き詰めています。

奥には60cm程度上がった所にウッドデッキ・プライベートガーデン、と言ってもまだ、植栽等は行われておらず、これから施主自身で行っていく予定。



ウッドデッキの施工写真

ウッドデッキ

樹脂に天然木粉を配合した人工木材ウッドデッキ材を組立加工したウッドデッキです。

天然木は防腐剤を塗っても、数年毎に塗り替えないと朽ちてしまうという大きな欠点がありますが人口木材は永久的なものではありませんが、色落ちも少なく耐候性がよくメンテナンスが楽です。

ウッドデッキとガーデンを一体化するため階段状にしています。猫などの動物がデッキ下に潜り込むのを防止するため、すき間は塞いだ。

ガーデンはプライバシーも考慮しながらの植栽を施主が行い施主好みのガーデンを作る予定。