リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

ペット対応のリフォーム:ペットにより無残に荒らされたお宅をリフォーム

                

鉄筋コンクリートのお宅で1階は医院で2階がお住まいですが、最初は子供さんが拾ってきた野良猫から始まり、もう何十年も猫を飼い続けているお宅で、現在は2匹の猫ちゃんがいます。

もともとペット対応のお住まいではなかったこともあり、ペットの猫ちゃんに相当に荒らされていました。床のカーペットはシミだらけ、壁のクロスはツメで引き裂かれ下地が露出しているところもあり、建具は同じ箇所をツメで引っかくのでその部分が極端に削られた状態でした。

リフォーム箇所

床:下地も傷んでいたので乾式遮音二重床システム床下地の上ペット対応のフローリング

壁:ペットのツメが入りにくいペット対応のビニールクロス貼り

天井:消臭機能付きのビニールクロス

システムキッチン入れ替え、ドア新設、ドアの補修、その他

I邸リビングリフォームの写真

既存のカーペット、クッションフロアからペットが滑りにくく、ペットのツメによる引っかきに強く、水や尿にも強いペット対応のフローリングにしました。壁のクロスもペット対応の引っかきに強いクロスです。

リフォームしてからは大変快適だそうです。「こんなことならもっと早くリフォームすればよかった。」と言われました。喜んでいただいてリフォーム工事したほうも大変嬉しく感じました。

                
                

I邸、絵を飾ってある壁を見た写真

絵を飾った壁を見る

絵が好きでリフォーム前も絵をたくさん飾られていたのですが、壁の空いたスペースに雑然とした感じだったのですが、既存のタイルの壁に絵が飾れるようにピクチャーレールを取付、絵を照らす照明も新たに設置しました。

                
                
                

I邸、新しくなったフローリングの床でゴキゲンなペットの猫のタヌコを見た写真

                

サイベリアンのジェニファー君(通称タヌ子)気持ちよさそう

以前は床がカーペット敷きのため掃除が大変だったそうです。同じようにペットの毛は抜け落ちますがフローリングの床になってからは掃除が楽になったそうです。通称タヌ子も遊びまわっているときは多少滑ることもあるそうですが、支障なく大丈夫のようです。