リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

既存の天井を取っ払い構造躯体を表した天井すれば・・・イメチェンリフォーム

同じお部屋でも天井を取っ払い構造躯体を見せるお部屋にリフォームすれば同じお部屋がかなり違ったお部屋にイメージチェンジされます。

既設天井の下地をそのまま使えば、表面のビニールクロスなどの貼り替えだけですみ、費用も少なく工期も短くてすみます。しかし、ただきれいになったり、柄が替わっただけで変わり映えのしないリフォームになります。

                

しかし、既存の天井を取っ払い表れた構造躯体の梁などを見せる天井にすると平面的な部屋の大きさは同じですが天井が高くなり、かなり、違ったインテリアのお部屋に変身します。

                

むき出しになった梁などの構造躯体と新たに高い位置に作った天井とで、うまくデザインやコントラストをつければオシャレなお部屋になります。

                

天井が斜めになると照明器具選びには、考慮が必要になりますが、和紙などで手作りの照明シェードを作って工夫したりもできます。また、梁を利用して間接照明をうまくデザインできれば、より安らぎの癒しの住空間になります。

                

暖かい空気は上の方に溜まるので換気や空気を循環させて夏の暑さ、冬の寒さ対策を考慮することも必要になります。

                

また、2階建ての1階の場合天井を取っ払っても天井裏空間があまりありませんが、デザインの工夫しだいで以前とはイメージチェンジしたオシャレな住空間に変身させることもできます。

杉板張りの壁、天井はビニールクロス貼り

            

天井を高くしたリフォーム-1の写真

            

屋根に沿って天井を高くして構造躯体の梁をむき出しにして梁に直接照明器具を取り付けた。

            

外壁部分には三角形の天窓を取り付けた。部屋は奥行きが結構あるが、明るい部屋となった。

            
            
            

天井を高くしたリフォーム-2の写真

            

屋根に沿って天井を高くして一番高いところに和紙で作った照明器具を取り付けた。壁にもスポットの照明器具はあるが使うことはほとんどありません。(もったいない)

            
            
            

天井を高くしたリフォーム-3の写真

            

リフォームで天井を改築したわけではありませんが、2階建ての1階部分の天上を取っ払い天井裏空間を利用すれば、たとえばこんな天井にすることも可能です。