リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

暑い夏の夜、小屋裏(天井裏)に熱気がこもると室温が下がらず寝苦しい!

暑い夏の熱帯夜で寝苦しく睡眠不足や不眠症になったり、エアコンのかけすぎで夏風邪ををひいた経験はありませんか。特に急激に暑くなる梅雨の時期は体温調整ができにくく不眠症になる人が一番多い時期です。

地球温暖化で日本の夏は熱帯化し、暑さも長くなり季節感も長い夏からすぐに寒い冬になり秋や春は短く感じられるようになってきました。特に夏は猛暑で、沖縄にいった方が涼しいのではないかと思えるほどです。

                

暑い空気は部屋の高いところや天井裏にたまります。特に昼間の強い日差しで暖められた屋根の直下の小屋裏は猛暑で換気は行われず、夜、外気温が下がっても小屋裏にたまった熱気は輻射熱となり部屋の方に下りてきて部屋は蒸し風呂状態で寝苦しい夜となります。

                

また、最近の住宅は高断熱高気密になっていますが、小屋裏や天井内の換気はほとんど考慮されておらず、高断熱高気密がゆえに小屋裏にたまった暑い空気は夜、外気温が下がっても断熱材に阻まれて家の外にはでて行ってくれません。部屋の方に輻射熱となって下りてくるのです。

                

小屋裏に換気扇を設置して強制的に小屋裏や部屋の高いところの空気を外部に排出してやれば室温が幾分下がり、寝苦しさの緩和になり、また、エアコンの運転も控えることができます。

暑い夏の夜は寝苦しい

            

夏の昼間のイラスト

            

夏の強烈な日差しで屋根、壁の温度は上昇し、断熱材があっても小屋裏や部屋の高いところに熱がたまり夜になると輻射熱となって下に下りてきて寝苦しい夜となります。

小屋裏換気の仕組み ⇒ ⇒ ⇒ 夜の寝苦しさを緩和
小屋裏換気で暑い夏の夜の寝苦しさを緩和

            

小屋裏を換気したイラスト

            

小屋裏や部屋の高いところにたまった熱気を小屋裏に換気扇を設置して強制的に排除してやれば熱気はとれ幾分涼しくなり、体にはほとんど感じない気流が発生して体を冷やし、夏の寝苦しい夜が緩和されます。

            

これで汗だくになることはなくなりますが、それでも暑いときは管理人はアイスノンをタオルで何十にも包み枕にして寝ています。暑い夏の夜でもエアコンなしで普段通りの睡眠がとれています。(暑さ寒さには個人差はあると思いますが小屋裏の熱気がとれれば確実に涼しくなります。)             
            
            

小屋裏に設置した換気扇の写真

            

小屋裏に設置した換気扇、音はほとんど気になりません。タイマースイッチで運転すれば入れ忘れや切りわすれもなくなります。

            
            

天井に設置した吸気口の写真 部屋の高いところに設置した吸気口の写真

            

天井や部屋の高いところの壁に設置した吸気口、夏が終われば手動で吸気口は閉じることができます。