リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

壁の断熱リフォーム

 H11年基準(次世代省エネルギー基準)を満たしていない住宅は日本の住宅の95%になります。基準を満たしていなくても結構断熱してある家もあると思いますが、大半の住宅が断熱不足です。断熱リフォームすれば過ごしやすくなります。

 断熱リフォームの場合一番効果が高いのは外気に直接、接している窓で、薄いガラスの単一ガラスの場合は冬は寒く、窓面の結露が激しく、窓の木枠や床、カーテンなどを汚したりします。夏は地球温暖化で昔より熱くなってきてますが、単一ガラスだとエアコンを入れても効きが悪く設定温度も低くなりがちです。この単一ガラス窓を複層ガラスや内窓を取り付けるとかなりの断熱ができます。

 窓以外では床、壁、屋根裏と断熱する箇所がありますが、現在の断熱状況によって断熱工事の順番はことなります。天井、床は点検口などがあればそこから侵入して工事をすることができますが、壁は一般的には壁を壊して断熱材を入れますから廃材も沢山出て工期もかかりますが、ところが壁を壊さないでリフォーム用の断熱材を入れる方法もあり、工期も短くてすみ、工事費用もおさえることができます。



あったかべ(SEKISUI)

あったかべパネルの写真 あったかべパネルでリフォームした部屋



 性能のよい断熱材15mmの上に9.5mmのプラスターボードを貼り合わせてあり総厚さは24.5mmです。既存の壁は壊さないで壁の上から貼りビニールクロスなどを貼って仕上げます。通常、よく使われているプラスターボードを貼るように工事ができます。もちろん壁を壊して「あったかべ」ボードを貼ることもできます

 今ある壁の上から貼るということは今の壁より24.5mm壁厚が厚くなり部屋は若干狭くなります。窓やドア部分には通常、木枠がついていますが壁からの出寸法は15mm程度です。24.5mm壁が厚くなるのですから木枠を取り替えたり長さをたしたり、目地をとったりする必要が出てきます。または窓部分に内窓を設置すれば断熱効果だけでなく収まりもすっきりします。

 巾木も取り外すて新しいものに取り替えるか、取り外した巾木を再利用するかしないといけなくなります。



あったかべパネルの内窓付けた収まり図

 通常、壁の断熱は外壁部分だけで内壁部分は新築工事でも行われていませんが、リフォームの場合部屋単位で行われることが多いので部屋まるごとあったかボードで施工されることが多いようです。

床と屋根裏の断熱

 屋根裏は断熱の度合いは別にして断熱されていることが多いが、床は1992年より以前の住宅では省エネ基準が低く、床下に断熱材が入っていることはほとんどなく「冬は足元が寒い」と聞くことが時々あります。

 そういった場合は、床下点検口または設置してそこから床下に入って断熱材を設置することができます。



床断熱の参考収まり図

   床断熱参考収まり図



 断熱材はグラスウールやロックウールなどの柔らかいものでも良いが作業ができるのであれば性能のよい断熱ボードのほうがよい。

 屋根裏断熱材は新築では外断熱も行われるようになってきたので断熱ボードも使われるようになってきたが以前は一般的な天井裏にグラスウールを敷き詰めるのがほとんどです。しかし、以前の断熱材は比重が低く断熱効果比較的弱いものも多くありました。暑さ寒さを少しでも抑えたければ断熱材をプラスすることも検討されても良いと思います。

 最近、注目されているのが遮熱シートで夏の日射を反射し冬は室内の熱を逃がさないようにするというものですが、まだ十分な検証はないようです。熱の伝達の多くを占める輻射熱をカットしてくれます。リフォームの屋根裏などには有効にはたらきそうです。