リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

既設の窓に内窓をプラスで断熱・省エネ・防音

 既存の窓が単一ガラスの場合夏は暑く冬は寒くなります。単一ガラスでも複層ガラスでも夏はエアコンを使わない時は窓は開けられていることが多いのでさほど感じませんが、冬は単一ガラスだと寒さを感じることが多く、夏も冬もエアコンやストーブの効きは悪くなります。

 窓は家の中で断熱に最も重要な場所で夏は窓からの熱の流入が全体の約70%程度、冬は窓からの熱の損失が全体の約50%程度にもなります。この窓に内窓をプラスすれば断熱・省エネ・防音が改善される。マンションでも施工できます。



既設窓に内窓をプラスした写真

 価格は単一ガラスから複層ガラスに替えるより割高につきますが、効果は内窓のほうが高くなるが、2つの窓を開け閉めするので面倒にはなります。



断熱効果

 既設の窓と内窓の間の空気層で断熱します。内窓は加工性のよい樹脂でできていて施工が簡単で密閉度も上がります。空気が動かないでじっとしていればかなりの断熱効果があります。断熱材は空気を閉じ込める構造になっています。複層ガラスは6mmですが、内窓は7cm程度あり効率はよくありませんが断熱効果は大きい。

 また、内窓は樹脂製サッシで、樹脂はアルミの1/1000 も熱を伝えにくい材質です。さらにガラスを複層ガラスにしたり、Low-Eガラスにすることもできます。

 樹脂製サッシで木目調などの仕上げがあり、色も数色あります。



結露予防

 二重サッシになるので内窓は直接外気に触れず外気で冷やされないので結露がほとんどありません。既設の窓も内側はあまり冷えないのでこちらも結露はあまりありません。



防音

 気密性の高い内窓を取り付けるとサッシが二重になるので必然的に防音効果が高まります。



省エネ

 エアコンの効きがよくなります。エアコンの電気代はバカにならず一家の電気代の4分1程度にもなります。設定温度1度変えるだけで電気代が1割違うと言われます。

家庭の電気代のグラフ

マンションも内窓施工可能

 マンションでは共有部分と専有部分があり、原則共有部分の施工はできませんが、内窓は専有部分に取り付けるので設置できます。

 マンションは交通量の激しいところにも建ち高層になることも多いので騒音が大きいことがあります。内窓にすれば改善できますうし、単一ガラスがほとんどですから内窓で断熱でき、省エネになります。

マンションに取り付けた内窓