リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

キッチンの使いやすいポイント

 美味しいものを食べるというのは、生活の基本です。美味しいものを作る場所は、キッチンですが、リフォームの場合、現在ある場所から変わることはほとんどなく、キャビネットは新しくなっても内容は、変えようにもあまり変わらないのが現実ですが、家族構成や料理内容、調理時間の変化などもあり、使いやすいポイントを調べてみました。



キッチンの高さは自分の調理に合わせて選ぶ

カウンターの上を広く使えるようにする

ベースキャビネットのプランは使い勝手をよく考えて決める

最新の設備機器を取り入れる

作業効率を考えてモノの置き場所を決める



 上記のことに気をつけてリフォーム計画を立てるとよいようです。それぞれについて解説します。

キッチンの高さは自分の調理に合わせて選ぶ

 キッチンの高さは85cmが標準ですが、80cm、90cmもあります。メーカーによっては82.5cmや87.5cmの中間サイズもありますが、「身長÷2+5cm」を目安とします。ショウルームで確認するのがよいですが、できない場合は現在のキャビネットの高さから高いほうが良いのか低いほうが良いのか判断する。

 また、シンクとコンロのどちらを優先すかのかということもあります。コンロはガスかIHということもあります。コンロの方が力を出す作業が多いため、迷ったときはコンロを優先させてください。

キッチン

カウンターの上を広く使えるようにする

 吊戸棚は圧迫感があり、使い勝手も悪いのでリフォーム時には嫌われやすいのですが、リフォームで場所が増えたり、収納物が減ればいいのですが、どちらも変更されない場合、吊戸棚に昇降式のラックを組み込むことが多く、調味料や調理器具を入れて調理中にも利用できます。又は吊戸棚や壁に棚を取り付けて調味料や調理器具を収納する方法もあり、その分、カウンターの上が広く利用できます。

 最近のキッチンは食洗機が組み込まれることが多く、食器洗いは食洗機を利用し、家族も少なくなっていると大きなシンクは必要なく小さなシンクでもよい。

吊戸棚下の収納キャビネット 食器洗い器

 カウンターの上に調理道具や調味料が置かれていると見苦しい、いつも片付いていないようです。カウンターの上が広い方が作業もしやすい。

ベースキャビネットのプランは使い勝手をよく考えて決める

 普通、ベースキャビネットはビルトイン機器を決めてから残りを収納にする。後はメーカーがレイアウトしてくるが、自分の調理スタイルや収納物の使用頻度をよく考えて決めましょう。

 メーカーもよく研究されていますが、企画にはまらないこともあるかもしれません。収納スペースは、何をどこに収納するか決めて、収納する物の幅・高さ・奥行のサイズを確認し、引き出し・開き扉などの開閉方法を選びましょう。ほとんどの場合引き出しですが開き扉でないとダメな場合もあります。

引出しタイプの収納キッチン 開き扉タイプの収納キッチン

 キッチンの奥行は標準で65cmですが前は60cmでした。5cmの差ですが背面に収納などある場合はよく検討しましょう。60cmでも対応してくれるメーカーもあります。

最新の設備機器を取り入れる

 当たり前のことですが、メーカーもいろんな問題点を改良して商品を作っているので最新の設備機器をできれば導入したい。最新の設備機器は、機能面・お手入れも格段に進化して、メーカーが勧めるままに取り換えても使い勝手が良くなったと感じられることが多い。

 例えば、シンクなどは汚れがつきにくく、落としやすい工夫たくさんあります。あるメーカーでは3°の傾斜をつけ排水口を隅に寄せ排水が一気に流れシンク内が広々と使えます。このメーカーではトイレもそうですが除菌水なるものを設置してヌメリを抑えお掃除を減らしたりできます。ガスコンロやIHヒーターなどもお掃除が楽に行えるようになっています。グリルも水なしで両面同時に焼けたり、火加減を調節しないで揚げ物や炊飯などの調理ができるものがあります。換気扇もいままでのはお掃除が大変でしたが最新のものはお掃除が楽にできるようになっています。

ガスコンロで水の力で汚れを浮かせる親水アクアコート 換気扇の掃除も楽々

メーカーにより機能は違いますからメーカー選びが重要になってきます。いいものは価格も気なりますが後悔しないようにしましょう。

作業効率を考えてモノの置き場所を決める

 リフォームの場合、冷蔵庫、食器棚、家電置き場などは既存通りのことが多いがよく考えて決めた方がよい。

 食器棚の位置ですが、流しの後ろにあった方が使いやすいが、ダイニング側あるときがある。移動距離が増え何かと面倒です、もし、キッチンの位置を変えることが可能であれば、よく考えたほうがよい。電子レンジやポット、コーヒーメーカーなどはキッチンとダイニングの中間のあたりのほうが使いやすいが、湯気がでるので換気扇が近くに有るとなおよい。

キッチンの写真