リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

制震の商品の紹介⇒地震の多い日本の木造住宅には制震

 日本は地震の多発国で、世界の地震の1割以上が日本で発生しています。また、地震には繰り返しくる余震がつきものです。こんなに地震の多い国の木造住宅は耐震だけでは心もとなく制震、免震も必要と思われますが免震は費用、軟弱地盤には適さないため木造住宅には制震が適しています。制震はリフォームにも対応できますが小規模な部分的リフォームには対応は出来にくい。

制震金物 コラボパワー オイルダンパーシステム

オイルダンバーの取り付け写真

 木造住宅の開口部は構造上は耐震性が「ゼロ」とみなされていましたが、開口部に構造補強材を設置し耐震性能を高め、さらに制震用オイルダンパーを取りつけると揺れを減衰する制震性能も加わり二重の安心

 窓の上や下にオイルダンパーを設置して制震構造にするというもので、ここの場所は壁が増えて窓がつぶれるということもなく、いいところに着目したといえます。また、価格的にも比較的安価です。



CRMC-30はオイルダンパー採用の木造住宅用制震金物

CRMC-30はオイルダンパー取り付け写真

構造がシンプルなオイルダンパー「CRMC-30ダンパー」は、建物が経験する度々来る地震や、大地震時には必ず発生する繰り返しの余震を効果的に吸収し、木造住宅の耐震性能を維持し、住宅のダメージを最小限に抑え、財産保全性能を高めます。



TRCダンパー(耐震・制震)

TRCダンパー取り付け写真


TRCダンパーの特徴

揺れに応じてダンパーが伸び縮み

地震エネルギーを熱に変換して吸収

特殊なゴムはエネルギーを反発せずに吸収します



TRCダンパーのメリット

建物の倒壊・変形も抑えて、余震にも高い効果が望めます。

高い制震効果・繰り返しの地震に強い

メンテナンスフリー

新築・リフォーム向け認定・評価を取得



日本制震システム・MERシステム

日本制震システムの取り付け写真

 自動車のタイヤの上下動などを吸収し車体の揺れを抑える装置のショックアブソーバーを木造住宅に応用したものです。大きな地震や繰り返しくる余震のエネルギーを吸収して建物の揺れを抑えます。

 写真ようにダンパーが細いため筋交いと併用して使うことでき、新築またはリフォームで設置できます。日本の車作りの技術が地震大国日本で役に立ちます。



カネシン V-RECS(制震ダンパー)

カネシン V-RECS(制震ダンパー) の取り付け写真

V-RECSを耐力壁の1/5で設置した場合、阪神大震災レベルの揺れを約25%軽減できます。(※モデル物件にて検証) 他の制震装置よりやや劣るような気がする。

変形率300%の高減衰ゴムが、揺れを吸収し強い復元力を発揮し大きな地震や繰り返す余震に対応します。在来工法の通常の壁面に設置でき作業効率がよく、メンテナンスが不要