リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

浴室リフォームはユニットバスに取り替えることが多いがきれいに再生の方法もある

一般に浴室をリニューアルする場合、既存の浴室がユニットバスであっても在来工法の浴室であっても、浴室を取り壊し新たに新品のユニットバスに取り替えるのが一般的です。

ユニットバスは性能もデザインも豊富で、浴室を専門に研究しているメーカー(TOTOやリクシル等)が製造・販売しているので安心です。浴室が清潔で機能も優れて気持ちよい空間であれば入浴も楽しくなり、くつろぎリラックスできそうな気がします。

最近のユニットバスは、見た目のデザインや必要な機能だけでなく、くつろぐためのアイテムもあり、ショウルームでも確認できるので安心です。製品はメーカーが責任をもつので施工会社としてもユニットバスであれば安心です。

また、既存の浴室が在来工法の浴室のであれば、建築時に防水工事を行わず床のタイルや壁のタイルを貼って防水としていたケースがほとんどです。浴室を解体してみると床や壁から漏水があり、土台や柱の木材が腐っている場合もけっこうあります。浴室を解体してしまえばそのような箇所も取替修繕できます。ユニットバスにしてしまえば安心です。

しかし、当然ながら良い製品であれば価格は高くなり、既存の浴室の取り壊しや搬出には費用がかかり、工期も長くかかります。現在の浴室がそんなにいたんでなく浴槽の塗装にサビ・亀裂・割れ剥がれが見えるや床・壁の汚れが気になるというものであれば、壊さずに再生という方法も選択肢になります。費用も安く、工期も短くてすみます。

浴室を壊さず再生させる方法

浴槽

FRP,ホーロー、人工大理石、ステンレスなどほとんどの浴槽が塗装により再生できます。ただし、多色の人工大理石は単色の仕上がりで大理石の質感は再現できません。

腐食・亀裂・穴・サビ・剥がれなどもライニング補強で積層補修し、特殊樹脂コーティングで再生させます。

浴槽の塗ろ直し



カビの発生した壁タイルは特殊処理を施し、亀裂へはパテ補修を施し、タイルや天井を特殊樹脂コーティングします。タイル壁の上に防水層を重ねることになり、光沢もあります。目地部分も特殊樹脂コーティングしますが目地の形は残り、タイルも目地も同色になります。

または、タイル壁、塗装の壁の上にキッチンパネルを貼る方法もあります。見た目もきれいで目地もなく、ユニットバスの壁と同じように見えます。雰囲気はガラッと変わって見えます。



防滑性・衝撃吸収性・接触温熱感・水はけ性に富み、防カビ・抗菌性など清潔性に優れている浴室床のリフォームのために開発された床シートを既存の床の上に貼ります。

防滑性:表面の微細な凹凸が足裏にフィットし、水にぬれても滑りにくい構造になってもいます。

水はけ性:特殊加工により、シート表面に水玉ができにくく、表面の乾燥を早めます。

接触温熱感:素足で触れてもヒヤッとしにくく、冬場のヒートショックを軽減します。

衝撃吸収性:クッション性のある発泡シートで転倒時の衝撃を和らげます。膝つき姿勢での介護も楽に行えます。

浴室のフロアを張替え