リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

ペットや高齢者にやさしく、お部屋汚れにくいリフォーム

犬や猫などのペットは人間のように靴下や靴を履かないで素足で地面の上を歩き回ります。足裏の構造が人間と違います。滑る床は苦手なのです。

このことは、足腰が弱ってきた高齢者や歩きはじめた幼児にも同じことが言え、滑りやすい床は危険なのです。ペット対応のリフォームではまず、床材を検討する必要があります。

ペットは可愛いですが、床面に爪をくいこませて歩行しようとしますし、爪で引っかいて傷をつけることもありますし、また、尿もれによるよごれシミ、水などもこぼすこともよくあります。床材は滑りにくいこと、引っかき傷がつきにくいこと、水や尿などのアンモニアにも強い製品を選ぶ必要があります。

また、壁やドア、ドア枠も爪で引っかいて傷をつけることもよくあります。特に壁は爪で引っかいてボロボロにされると情けない状態の部屋になると大変です。

爪が掛かりやすい塗り壁や木仕上げ壁、布クロスはさけたほうが無難です。一般的には、ビニールクロスの壁ですが、ペット対応の普通のビニールクロスの10倍程度硬いビニールクロスを選ぶ必要があります。それでも元気のいいペットによっては爪がはいることがあるので価格は高くなりますが、もっと強力な腰壁シートなどを検討したほうがよいかもしれません。

ペットを飼っている人はペットの臭いはあまり気にならないかもしれませんが、来客の中にはペットの臭いが嫌な人もおられます。臭い対策には珪藻土系の材料が有効ですが、床や壁はペットの爪で傷つけられる可能性があるので天井や壁の高い位置に使用することになります。

リフォームや新築時のペット対応商品の紹介

ペット対応ビニールクロスの写真

ペット対応のビニールクロス
サンゲツのスーパー耐久性ペット対応ビニールクロスにはフィルム汚れ防止壁紙の性能を含めた3つの機能があります。

引っかき傷に強い
一般ビニル壁紙の約10倍の強さがあり、犬や猫などの爪による傷にも効果があります。ただし、一般的なビニルクロスより引っかき強度が優れていますが、ペットの引っかきによる破損がないことを保障するものではありません。

衝撃に強い
耐衝撃性に対して、一般ビニル壁紙の約3倍の強さがあります。

抗菌性・汚れ防止性に優れます
表面のエバーフィルム加工で汚れが落ちやすき、いつも清潔な環境がキープできます。



ペットの爪にも強力対応の腰壁シートの写真

ペットの爪に強い腰壁シート
元気がよすぎるペットには腰壁シートで対応、上記のペット対応ビニールクロスでも心配な場合は価格は高くなりますが、腰壁シートなら安心です。



壁面に使った消臭クロスの写真

消臭ビニールクロス
写真は壁面に使った消臭ビニールクロスの例です。ペット対応とするにはビニールクロスが通常の硬さしかないので壁面には不向きですが、天井面だとペットの爪が届かないので天井面に使います。
ただし、消臭効果はそれほど期待できません。



消臭効果抜群の珪藻土の写真

消臭効果抜群の珪藻土
珪藻土の消臭効果は抜群です。ペットの爪が届く壁面には不向きですが、天井面や壁の高い位置なら安心です。また、臭いだけでなく水分の吸着力や調整効果もあるので冬場の結露対策にもなります。
ただし、珪藻土の含有量が20%程度の商品も多いので、珪藻土入り塗り材を選択するときは50%以上の含有量がある商品選ぶようにしましょう。