リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

リフォームで床暖房して歩いて健康・・・自然に活動的になり歩けば血流がよくなる

                

人間の血液は心臓から動脈を通って足の先まで届けられますが、そこから先は静脈に入って心臓に帰ってきますが、重力に負けて自力では帰ってこれません。

                

第2の心臓といわれるふくらはぎを動かすことでポンプアップして血液は心臓の方へ帰ることができます。ようするにじっとしていてはだめなのです。歩いて動かなくては血液が足の方に留まり血流が悪くなります。

                

冬になるとコタツでテレビを見ながらみかんを食べていたのではトイレに行くぐらいしか動かなくなります。

                

床暖房で足元が暖かいと自然に活動的になり、動くと血流も良くなり、健康にいいのです。

                

床暖房は既存の住宅にもリフォーム施工できます。床の構造により、ヒーターの直張り・断熱塗料・断熱材12mmを使用してほとんどの構造に対応可能です。

                

ただし、既存の床を下地にして半導体・電気床暖房ヒーターを敷き、その上に新しい床材を敷き込み施工することが多いので新しい床材が必要になります。床が新しくなり床暖房があれば気分は一新!

半導体・電気床暖房ヒーター  ”ピアサーモ”の紹介

                

最近の床暖房は性能が格段に良くなり床暖房ヒーターパネルも薄くなり、施工性がよく、耐久性も格段に伸び半永久的長寿命のものもあります。ランニングコストも安くなってきました。

                

半導体・電気床暖房ヒーター  ”ピアサーモ”の紹介

                

半導体による高い安全性を確保

                

熱源があれば事故による火災等が心配で、現実に床暖房の床に座布団などを置きっぱなしにした場合、熱がこもり座布団の下の床がこげたとかの事故もおきていますが、この製品は、半導体(自己温度制御機能)により、こもり熱による異常高温を防ぎ、過熱による床焦げ・火災事故はおこしません。

                

ランニングコストは安く経済的

                

半導体が設定温度以上の温度上昇を抑えるため、温度上昇に伴い電流が下がり続けて省エネを実現しました。

                

参考・・・8畳の部屋でヒーターパネル敷込率60%で1ヶ月の電気代2970円程度、電気ストーブ、エアコン、灯油ストーブ等と比べても高くはありません。

                

温度上昇が早い

                

立ち上がりは20分程度で早い

                

遠赤外線の効果で快適暖房

                

炭火は遠赤外線がでるので中まで火が通りふっくらと美味しく焼けます。このピアサーモは赤外線をだすので表面だけでなく、内部から温めるので快適です。

                

電気床暖房特有の電磁波はほとんどゼロ

                

施工が簡単、いろいろな仕上げ材に対応

                

・合板・無垢材のフロアー                 

・カーペット・ジュータン                 

・大理石・セラミックタイル                 

・和室                 

・長尺シート・CFシート                 

・RC構造・マンション                 

・岩盤浴                 

・浴室                 

・モルタル埋設構造