リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

高断熱高気密はアレルゲンのダニも住みやすい

~60年前の昔はアトピーのようなものは聞いた記憶がない。似たようなものはひよっとしてあったかもしれないが、あったとしてもごく少数だろうと思います。昔の方が不衛生でアレルゲンのダニも家にいたと思われます。


食生活が変わり、人間の免疫力が落ちたのかもしれないが、清潔な文明の中で新しく生まれた病気のように思える。主にダニがアレルゲンとなることが多いので住環境が影響していると思われます。高断熱高気密で住環境は良くなりましたがダニも住みやすいのでしょう。


現代の建材は工場で大量生産され、呼吸をしない化学製品ような物が多い。好き嫌いの個人差はあるが、アトピーなどのアレルギーのない人には、きれいで過ごしやすい住環境です。

珪藻土を使ってアレルゲンに対抗

高断熱高気密はもちろんそのままで湿気を調整できる自然素材の珪藻土を壁や天井に使った住宅ではアトピーが改善したとよく聞きます。湿度を調整できるとダニは住みづらくなるのでしょう。


珪藻土で壁と天井を作った住宅



珪藻土とは

珪藻土は、藻類の一種である珪藻の殻の化石からなる堆積物です。よく似ている漆喰とは別物で吸・放湿性能は断然、珪藻土の方が上。珪藻土は、活発な吸・放湿性能のほか高い抗酸化作用もあり、インフルエンザウイルスなども抑える作用があると言われています。珪藻土に含まれる酸化チタンが光触媒効果を発揮して消臭、防汚のほか有害物質を吸着・分解します。珪藻土の多孔構造が、優れた結露防止や省エネなどの効果を発揮します。



湿度が多いときは吸って、湿度が少ない時は吐き出し、自然に湿度調整してくれます。見た目も良く、本物の土ですから適度な重量感があり、ビニールクロスとは違う存在感があります。既存のビニールクロスの上からも塗ることができます。


アトピーでなくとも湿度の健康には重要ですし、冬の結露防止にもなります。匂い吸着効果もあるのでトイレなどにもぜひ使いたい。


珪藻土を使った壁や天井でアトピーが治るとは言い切れませんが、効果があることはネットの記事を見てもほぼ間違いないようです。


文明が進み医学が発達してくると今まであった病気は治るようになってきたが、また、新たな病気もでてくる。住環境で思うことは大量生産の化学製品に囲まれた生活よりは、自然素材を使った住環境のほうが健康によく、精神的にもリラックスできるようです。


平均寿命も伸び、8~90歳と日本人は長生きできるようになってきましたが、健康で長生きでなければあまり意味がなく、重篤な病気を患ったり、寝たきりなどではたまらない。誰しも健康に気をつけていると思いますが食べ物とか運動、薬だけでなく住環境も考慮して欲しい。高齢になってくると外出も減り家で過ごす時間が増えてくる。気分が上がる家作りができれば人生にプラスになります。