リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

座って調理するほうが楽

長生きするようになると、なかなか若い頃のように動けなくなる。高齢になってくると筋肉が付きにくく、筋肉が落ちてくる。高齢者を見ていると筋肉の衰えが一番の老化じゃないかとも思えます。運動をして筋肉の衰えを少しでも食い止めたいものです。


歳をとってくると個人差はありますが、筋肉が落ちてくるのは、誰しも同じこと。しかし、動ける間は独立して生活したいと考えているとも思えます。座ってもキッチン仕事ができるのはどうでしょうか。


キッチンも座って作業できれば楽です。座るといっても座りぱなしではなく立ち作業もできます。車椅子にも対応できますが、車椅子が必要なぐらい身体能力が衰えれば施設にでも行ったほうがよいような気もします。


筋肉を落とさないために立って調理したほうが筋肉が鍛えられてよいとの考え方もあるが、スポーツなどは習慣になれば苦にならず続けられるが、仕事は辛く感じることもあり、楽なほうを選択されることもあると思います。考え方はいろいろあると思いますが筋肉を鍛えるのはジョギングなどのスポーツでもしたほうがいいようにも思えます。


忙しい若い人でも座って調理するのは楽で、腰への負担は少なくてすみます。収納スペースは減りますが、座って調理するのも選択肢に考えてもいいのでは思ったりします。今後在宅介護が増えてくると思われます。そのときに対応できるキッチンも選択肢と考えても良い。

TOTO クラッソ 座ってラクラク調理(車椅子用ではありません)

・車いす用ではありません。

・ブレーキ付きのオリジナル椅子

・3段階に高さが変えられる昇降式テーブルワゴン、カウンター下にも収納可能です。


TOTOの座って調理できるキッチン


座って調理できる方が腰への負担は少なく楽です。腰が悪い人、立ち仕事に不安のある方にはお勧め。

座れるキッチン例 ⇒ リクシル(車椅子にも対応)

座って調理できるキッチン例


「座ったままでお料理」車椅子を必要とされる方、立ち仕事がつらくなった高齢者の方が、座ったでスムーズにキッチン作業が考えられたキッチン


トップ高さは1cmきざみで13種類、73~85cm。その他、座ったままでも使いやすい工夫がたくさんあります。


座って調理できるキッチンの工夫例


斜めカットの中間棚は収納の基地 調味料からおたま、まな板まで毎日使うモノはここへ