リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

夏の陽射しを遮り風通しをよくして健康で省エネ

地球温暖化で夏は今以上にますます暑くなり、エアコンの運転なしでは今以上に過ごせなくなりますが、夏の陽射しを遮ることができれば、夏が幾分過ごしやすくなり健康にもよくエアコンの運転回数が減り、省エネにもなります。


エアコンや高断熱高気密がない時代は梅雨時期がある日本では『家は夏をもって旨とする』でしたがエアコンや高断熱高気密のある現在では『家は冬をもって旨とする』に変わっています。デザイン、プライバシーも重要視され夏の陽射しや風通しはさほど考慮されていません。


しかし、地球温暖化が進み、気温が上がり日本の夏は相当に暑く、これから先ももっと暑くなる。いくら高断熱高気密でもエアコンなしではいられない。東日本大震災以来、省エネが言われるようになってきました。


夏を過ごしやすくエアコンの使用を減らすには夏の陽射しを遮り、風通しをよくすることです。


そのほうが健康にもよくエアコンの使用回数は減り省エネになります。

夏の陽射しを遮る商品

エアコンや高断熱高気密ない時代は『夏をもって旨とする』で軒が深く庇があったが現在ではそのような家はほとんど新築されていない。軒は浅く庇もほとんどないため、夏の陽射しの影響を受けやすくなっています。


夏の陽射しを遮るための商品もいろいろ出ています。



風通しのよい窓の位置

図は上が北ですが、東西の窓は引き違いではなく、南風を捉えやすいように縦長の窓を南からの風をつかまえられる方向に開く縦すべり出しの窓がよいでしょう。風を直線的に抜くのではなく、対角線状に抜けるようにしたほうがよい。



夏の陽射しを遮り、冬の陽射しを呼び込む庇の出寸法

深い軒や庇のある家はほとんどないが、もし庇を付けるのであれば開口面の高さ×0.3までとすれば夏の陽射しを遮り、冬の陽射しを呼び込む事が出来る。後付できる既製品の庇もあります。



スタイルシェード

夏の陽射しを遮るスタイルシェード

庇のかわりにデザインのスッキリしたスタイルシェードで夏の陽射しを遮り、風は呼び込むことができます。使わないときは手動ですがキレイに収納できます。収納ボックスはサッシの上部などにスッキリと収まりデザインもスッキリしています。戸建でもマンションでも使えます。



オーニング

夏の陽射しを遮る電動オーニング

電動です。オーニングの出寸法は調節できます。使わないときは収納できます。スタイルシェードと違い下面が開放されます。



透明遮熱塗料

透明遮熱塗料で夏の陽射しの熱を60%カット

陽射しは遮りませんが陽射しに含まれる熱を60%カット、紫外線を99%カットします。また、冬は保温効果もあります。紫外線を99%カットしますからカーテン、床、家具、人間なども日焼けしません。室内ガラス面に透明遮熱塗料を塗布します。当社では1㎡当たり15,000円で施工しています。



熱交換塗料

熱を消費する熱交換塗料

この熱交換塗料は窓ではなく、屋根や外壁に塗ります。陽射しは遮りませんが、陽射しに含まれる熱を運動エネルギーに変換して消費します。熱そのものに作用しますから陽射しのない夜にも熱を消費して熱帯夜が緩和されます。また、25度以上の熱に反応しますから、冬は熱を消費することはありません。