リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

風通しのよい家は健康にもよくエアコンの使用をおさえる

梅雨の季節がある日本でエアコン、高断熱高気密がない時代の家づくりは、『家は夏をもって旨としべし』で吉田兼好の徒然草にも記述があるそうです。お寺などに行くと障子などの建具をとっぱらうと風が気持ちよく吹き抜けそうな感じがしますが、しかし、冬は耐え難い寒さとなります。


現代はエアコンがあり、高断熱高気密でどちらかというと冬にウエートがおかれた家づくりとなっていて、プライバシーが重んじられ風通しのことはあまり考えられていません。風通しをよくすることは夏を過ごしやすく健康にもよく、エアコンの使用をおさえ省エネです。


太陽光発電など自然エネルギーが注目されていますが風通しも省エネで節電効果があります。


健康にも猛暑は大敵で家の中でも熱中症になったりします。風通しがよいと気持ちよく体感温度も下がり過ごしやすくなります。健康に過ごすためにも風通しのよい家は有意義ですが、風通しのよい家にするためには風の通り道を作ってやらないと風は通りません。

風通しのよい家の条件

風が通るということは入口があって出口があるということです。入口だけあっても出口がなければ風通しはよくありません。高断熱高気密でプライバシーが重要視された家には風の出口がない家が多くなりがちです。


また、風は低い方から高い方へ抜けます。温度の低い方から高い方へ抜けます。このことを踏まえて窓を作ってやらないと風通しはよくなりません。


夏の風は南風ですから北に風抜け窓が必要になります。北窓は南窓の1/3~1/2程度の大きさでできるだけ高い位置に横長窓をつけると風が抜けやすい。


建物の上部に暖かい空気が溜まると、「温度差による気流」が生まれやすくなる。風の出口側の窓は吹抜けや階段の上部に付けると、夏は強い上昇気流とともに上部に溜まる熱気が効率よく排出されます。



風通しのよい窓の位置

図は上が北ですが、東西の窓は引き違いではなく、南風を捉えやすいように縦長の窓を南からの風をつかまえられる方向に開く縦すべり出しの窓がよいでしょう。風を直線的に抜くのではなく、対角線状に抜けるようにしたほうがよい。



風抜けランマ付きドア

風の出口の窓がとれない場合は風抜け用ランマつきドアにすれば風は抜ける。



北側の高い位置に窓をつけると風が抜ける

風は低い方から高い方へ抜ける。階段の北側上部や吹き抜けの北側上部に風抜け窓があると効率よく風が抜ける。家全体でおおきな風の通り道ができる。



北側の高い位置に窓をつけたら、下の方にも窓をつける風が抜ける

北側の高い位置は家の中で一番高い温度の空気がたまりやすい場所です。ここに窓をつけたら下の方にも窓をつけると温度差で風が抜けやすい。下の階の北側の低い位置は家の中温度が一番低いところです。ここに風の通り道があると「温度差による気流」が生まれやすくなり、風がよく抜ける。