リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

ペットは健康に良い影響を与える

ペットは生き物であり、コミュニケーションがとれるケースが多くあり、健康にも良い影響があります。元々、癒し効果がないとペットも飼われないのではないでしょう。一時、ロボットのペットも話題になりましたが今は発売されてないようです。


全ての世代でペットは飼われていますが、子育ても終わり子供達もいなくなった世代ではペットとのコミュニケーションは大変楽しいものになります。煩わしさもありますが高齢化社会に伴い、ペットも増えてきたようです。


ペットはだいたい、犬と猫ですが、犬は散歩に連れて行かなければならず、煩わしいので最近は猫のほうが増えてきているようです。ペットを飼いたくても飼えない事情がある人の間などでは猫カフェなども流行っています。


ペットと健康についても研究されています。精神を安定させ、驚くことに心臓の健康を守ったり、再犯率が低くなるなどの効果もあるようです。

ペットと健康についても研究されています

健康に与える影響

・病気になりにくい
子供の頃からペットを飼ったり接している人は、病気になりにく上、重い病気にかかっても、回復が早いということがフィンランドの「クオピオ大学病院」の研究の結果、発表されています。

・運動量が増える
ペットをかっていると世話が必要で特に犬は散歩など煩わしいですが、しかし、その世話が運動につながり、日常生活の中での運動量が増えます。 それが血圧・コレステロール・中性脂肪などの数値が低くなると言われています。最近は犬は散歩などが煩わしく敬遠されがちですが、猫より犬のほうが健康にはよいようです。

・心臓の健康を守る
まったく関係ないように思えますが、ペットと心臓の病気が関係しています。 ペットを飼っていると精神が安定するのか血圧が下がり、心臓病や高コレステロールのリスクが軽減します。また、ペットを飼っている心臓病患者の28%が、深刻な心臓発作を克服しているということも確認されているようです。また、ペットを飼っていない心臓疾患の患者は生存率が6%というデータも存在しているそうです。



精神にも大きく影響・癒しや社交性

・犯罪の再犯率が低くなる
実際に刑務所などで、受刑者と動物を触れ合う試みがなされました。受刑者が犬と暮らすようになってからは、刑務所内での暴力行動が著しく減ったことが報告されています。

・精神を安定させてくれる
犬は無条件の愛情を人に与えるため、子供の社会性の発達を助けてくれたり、感情のコントロールを安定させ精神の安定に役立ちます。

・社交性が上がる
ペットと散歩やペット専門のカフェに出かけたり、動物病院に行ったりと、外出の機会が必然的に増え、コミュニケーションが広がり、ペットを通して話をすることも増えて社交性が上がります。

住環境に注意しないとペットによってボロボロにされる。

ペットは生き物で外で暮らすように身体ができていますが、それが家の中で暮らすようになるといろいろと弊害もでてきます。外国の家は、床が上がってはおらず、土足の家がほとんどで弊害は小さいですが日本ではそうはいきません。


ペットの鋭い爪で引っかかれると床も壁も傷だらけでボロボロにされてしまいます。また、ペットは外で裸足でウロウロできるようにできていますが、人間が生活する住空間の床材は滑りすぎてしまい、ペットでも滑らない床材に変えてやることが望ましいのです。


爪が入りにくくペットでも滑らないフローリング

ペット用の床 既存の床の上にペット用の床

一般フロアーに比較して、ペットの歩行に配慮し、汚れ(尿シミ)や爪による引っかき傷を付きにくくした製品。

床を取り替えなくてもその上から薄いペット用の床を貼ることができる商品もあります。



ペットの爪が入りにくいビニールクロス

ペットの爪が入りにくい壁紙

ペットの爪で壁を引っかかれるとボロボロにされ、剥がれてきます。ペット用に開発されたペットの爪にも耐え得るビニールクロスなら安心ですが、得に元気がよくこれでも心配な場合は、強力な腰壁シートもあります。
また、ドアも柔らかい無垢材だと爪をたてられボロボロにされることがあります。塩ビシートを貼ったドアのほうが安心です。



ペットの出入り口がついたドア

                

ペットの出入り口がついたドア

ペットも自由に気ままに移動したいがドアや壁に邪魔されて通常は自由に移動することはできませんが、ペット専用の出入り口がついたドアや壁にもペット専用の出入り口を付けることができます。