リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

睡眠は健康に大きく影響・アルツハイマーや生活習慣病

睡眠のような休息が健康に大きく影響していることが最近の研究でわかってきました。睡眠をとらなくては健康に害があることは常識で当たり前ですが、なんとなく悪いということでしたが、どのような病気の原因となるかが、最近わかってきているのです。


NHKの「ためしてガッテン」でアルツハイマー認知症は脳内にゴミのような存在のアミロイドβというタンパク質が溜まり、正常な細胞を傷つけることが原因でアミロイドβの除去には睡眠が大きく関係すると放送していました。だれでもアミロイドβのような脳内ゴミを除去する仕組みは備わっていますが、睡眠中に多くが除去されます。睡眠が少ないとアミロイドβは除去されにくくアルツハイマー認知症の発生リスクが高まります。


また、疲労とは脳内にFFタンパク質が貯まることらしいのですが睡眠によってFFタンパク質は除去されます。入浴や強壮ドリンクでは除去されません。睡眠以外では鶏の胸肉に含まれる「イミダゾールジペプチド」だけだそうです。疲労回復には睡眠は最も重要です。


そのほかにも、高血圧症や糖尿病、肥満などの生活習慣病の原因になります。高血圧症や糖尿病は治りにくく不二の病のようなもので常に薬の服用が必要になります。病気の改善や進行を抑えるにも睡眠の改善は必要不可欠といっていい存在です。一般に認識されているより、睡眠の健康に与える影響は大きいのです。日本人は働きすぎで休息をとるのがヘタな傾向があります。睡眠には気をつけましょう。0時からAM6時は良い睡眠タイムなので日付が変わる前には寝るようにしましょう。



睡眠に心がけること

・頭寒足熱がリラックスできて良い睡眠がとれるので足を冷やさず、温めるようにする

・起きてから14時間以上たって寝るようにするのがよい。(メラトニンの分泌は始まる時間)(昼寝は30分以内)

・昼間、野外で太陽光を浴び精力的に体を動かして疲れさす、または日光浴をすると、太陽光のおかげで夜、寝むるのに必要な睡眠ホルモンのメラトニンの分泌がよくなり寝つきがよくなる。

・快眠には、寝つきをよくすることも大切で寝つきが5分伸びると不眠になりやすさが7倍になるとの調査結果もあります。

・寝つきをよくする工夫として就寝前の読書、ヨーガ、音楽鑑賞、アロマをたくなど副交感神経を働かせてリラックス状態にして寝るとよい。

・寝る前30分はできればテレビ、パソコンなどは見ないほうがよい。人は情報量の80%を目から得ています。寝る前は目からの情報量が少ないほうがよい。

・寝酒は寝つきはよくなるが睡眠の途中で目覚めやすくなるのでやめたほうがよい。

無垢材を使用した寝室は熟睡しやすい・科学的に実証実験

無垢材を使った部屋は殺菌作用のあるニオイ成分のフィトンチッドがでて室内にいて森林浴ができるといわれ、健康に良い気持ちの良い空間になるといわれていますが、それを科学的に実証しようという試みがなされています。



無垢材と睡眠の関係の研究

無垢材と睡眠の関係を九州大農学研究院(福岡市東区)で進められています。無垢材を多く使用した棟と合版材など新建材を多く使用した棟で実験は行われ、無垢材を多く使用した棟のほうが睡眠の質が上がるという結果になりました。



深い睡眠のノンレム睡眠

・無垢材を多く使用した棟 130~220分

・新建材を多く使用した棟 110~180分



覚醒に近い状態のレム睡眠

                

・無垢材を多く使用した棟 10~30分

・新建材を多く使用した棟 25~80分



深いノンレム睡眠は無垢材を多く使用した棟が長く、覚醒に近い状態のレム睡眠は無垢材を多く使用した棟のほうが短かった。室温変化は特に差はなかったが、人体から発する水蒸気で上昇する湿度は、新建材棟が就寝前より10%超上がって80%を上回ったが、無垢材棟は3%程度の上昇にとどまったことから、無垢材の調湿作用が睡眠の質に影響したと考えられるらしい。



無垢材を内装に用いた建物は、深い眠りが長く、浅い眠りがに短く、睡眠の質が高い



その他にもリラックスや集中力なども調査され、アルファー波や心電図、交感神経、副交感神経も測定も行われ無垢材を使用した部屋ではリラックスしやすいことも実証されました。


スギ無垢材を使用した寝室


床:スギ無垢材30mmのフローリング、壁:スギ無垢材12mmの板材、天井:ビニールクロスの寝室


睡眠は個人差がありますが、寝ている間に体温調整のため一晩にコップ一杯程度の汗をかくといわれています。布団の中は湿気ますが、これが不眠のおおきな原因になります。シーツなどは通気性の良いものを選んだほうが良いようです。無垢材を使った寝室はリラックスでき、人体から発する湿気も吸収してくれ熟睡しやすい環境になりますが、他にも高齢とかの問題もあり、悩みはなかなか解消は難しい場合もあります。私の経験では規則正しく同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにすると効果があるようです。