リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

高齢者に配慮した階段・階段昇降機・ホームエレベーター・介護リフォーム

階段

階段は転倒・転落などの家庭内事故が起こりやすい、高齢者や障害者のためには、踊り場のある勾配のゆるやかな階段がよい。しかし、現実には新築時にも階段はあまり余裕があるとは言い難い階段が多く、階段下のスペースを物入れにするなどどちらかというとプラン上ジャマな存在になりやすい。リフォームだと階段の危険性は認識されていることは多いがスペースの問題でなかなか改善の難しい場所です。



踊り場付き階段

平坦な踊り場で一休みでき、かつ安全に向きを変えることができる。また、万一の転落時にも、上方から一気に階下まで落下せず踊り場で止まるので大怪我をする危険性が低い。

直線階段は下まで転倒する危険性があり、大事故につながりやすい。

踊り場のない周り階段は回り部分で転落事故の危険性が最も高い。

良い階段のイラスト



階段昇降機・ホームエレベーターの設置の検討

階段は「建築基準法」で蹴上げは230mm以下、踏み面は150mm以上と規定されているが高齢者や障害者が安全に昇降するにはこの寸法では危険極まりないと言わざる得ない。多くの階段はこの寸法の近くの寸法で作られています。

階段の昇降動作が困難になり、階段を改善するリフォームもできない場合には、階段昇降機やホームエレベーターの活用を検討します。

階段昇降機

階段昇降機のイラスト

階段昇降機には、階段に固定設置する固定型と、設置工事の必要のない可搬型がある。可搬型の階段昇降機は階段移動用リフトとして介護保険制度の給付(借与)対象種目である。



固定型階段昇降機

階段の踏み面にレールを取り付け、いすがレールに沿って階段を移動する。いすのスイッチを操作して階段を昇降する。直線階段にも曲り階段にも対応できるが、階段幅、階段角度、踏み面から天井までの高さによっては設置できないことがある。いすの座面に乗り移ることができ、移動中に姿勢を保持できることが適応条件である。また、車いすが乗るテーブルがレールに沿って階段を移動し車いすごと昇降させるものもある。屋内では階段幅が足りないナメ、屋外のでの設置になることが多い。



可搬型階段昇降機

階段などに固定されない階段昇降機で、人が乗った車いすに装着して使用するものと、昇降機のいすに座り替えて移動するものがある。階段昇降の機器の取り扱いの習得には十分な練習が必要であり、取り扱いを誤ると転落事故にもつながるため介助者が安全に操作できるように指導を受けることが大切である。取り扱いにスペースを必要とするため屋内の階段では使用が困難で、集合住宅の共用階段、庭から公道まで等の野外階段で使用されることがほとんどである。

ホームエレベーター

ホームエレベーターは新築時に設置することが原則である。新築時に、将来に備えてエレベーター設置スペースを考慮しておく例もあり、この場合は、各階の階段付近に畳1.5~2畳分のスペースを物入れなどとして作っておく。なお、増改築で設置することも可能であるが、原則としてエレベーター棟を建物の外部に独立して立てることになる。

敷地の狭い日本の住宅では、日当たりや眺望を確保するには2階のほうが都合が良い。しかし、問題は階段での移動です。高齢者や障害者にはハードルが高くなります。初めからホームエレベーターを設置していれば問題ありませんが、リフォームだとスペースが取りずらいですが工夫できれば階段昇降機より便利で身体への負担も少ない。木造住宅にも設置でき、家庭用小型エレベーターでも車いす対応のものもあります。高齢者でも階の移動が苦にならず生活の質があがります。

                

ホームエレベーターのイラスト