リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

トイレの介護リフォーム

排泄行為は人間の尊厳にも関わる問題です。高齢になり体力が落ちてきてもトイレが使いやすく快適なのは住環境整備で重要なことです。

最近では和式便器は珍しくなってきたが、加齢に伴い下肢機能や姿勢保持能力の低下により、立ち座り動作が困難と感じるようにようになると和式便器から様式便器に交換したほうがよい。扉の大きさ、開閉方法、手すりの設置、便器の性能などを検討しておいたほうがよく、また、高齢になるとトイレの使用回数が多くなるで、夜間に暗い廊下を歩いてつまずいたりしないように、トイレまでの動線も検討したほうがよい。

トイレのリフォームではトイレは、水回りの中でも特にスペースが狭いことが多いので、車イス使用の場合や介助スペースが必要なときやまたは将来に備える場合は、隣接した洗面・脱衣室とワンルーム化して、間仕切り壁をアコーディオンドアなどに変えるなどの工夫や敷地に余裕がある場合には、改造ではなく、外に増築拡張なども検討したほうがよい。

トイレリフォームの留意点

トイレの手すりの取り付け高さ

便器への移乗や立ち座り動作などは、からだのバランスを崩しやすいため、適切な位置に手すりを取り付ける。L型手すりと縦手すりがあるができればL型手すりのほうがよく、トイレットペーパーホルダーと縦手すりを組み合わせた既製品もあり、トイレットペーパーの上部がカウンターになっておりここに手をついて手すり代わりに使えてトイレットペーパーも取りやすくて使いやすく、省スペースで場所をとらない。


L型手すり

トイレL手すり設置例のイラスト

車イス使用の場合のL型手すりの取り付け高さは、横手すりを車イスのアームサポートの高さにそろえることを基本とし、便座の先端から縦手すりの芯までを200~300mm



縦手すり

トイレ縦手すり設置例のイラスト

縦手すりの取り付け高さは手すりの上端が対象者の肩の高さより100mm程度上方を目安とする。



トイレへの移動動作

高齢者は、一般にトイレの使用頻度が高いため、排泄行為をスムーズするためには寝室とトイレの距離をできるだけ短くして、移動を容易にする。寝室から、トイレの出入り口までの距離が4mを超えると、高齢者には遠いという感じを与えるため、できれば、トイレと寝室を隣接させたり、寝室から直接トイレに行けるように扉を設ける間取りとするとよい。



扉の開閉移動動作

トイレ出入り口の戸は、開閉動作が容易な引き戸とする。開き戸の場合は外開きとする。内開きでは、トイレから出るときに戸の動きを避けてからだをかわす必要があること、トイレ内のスリッパが戸に当たり履き寄せてしまうこと、具合が悪くなって倒れた時に外からの救出が困難なこと、鍵の故障でトイレ内に閉じ込められたときに外部から鍵を開けやすいなどが理由です。

トイレの戸の有効幅員は、通常600mm程度であるが有効幅員を800~850mm程度としたものもある。910mmモジュールの場合建具幅は枠の内法寸法で700~720mm程度までとなり、取手があるため実際の有効幅員は700mmより狭くなる。

ドア下に敷居がある場合は出入りにジャマになるので敷居なしとする。また段差がある場合は可能であれば廊下とトイレ床を同じ高さとするリフォームを行う。



トイレ内での移動動作

歩行可能でかつ排泄動作が自立している場合は、トイレのスペースは7、間口750×奥行1200mm(壁芯-芯距離で間口mm×奥行1365mm)程度でのスペースでも使用できるが、さらに奥行有効幅員が1650mm(壁芯-芯距離1820mm)程度あれば、立ち座り動作をゆったり行える。

介護が必要な場合は間口1350mm×奥行1350mm(壁芯-芯距離で1515mm×1515mm)以上必要となり、できれば1650mm×1650mm(壁芯-芯距離で1820mm×1820mm)あれば自走用車イスにも対応できる。

また、最近では、タンクがないタンクレストイレが市販されており、従来型より奥行が短くなっているため、介助スペースが確保しやすくなっている。