リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

日本の住宅には玄関上がり框がある。 ⇒ 高齢者には手すりが必要/介護リフォーム

土足の外国の家とは違い日本のほとんどの家では靴からスリッパ等の上履に履き替えるため玄関には上がり框があり段差がある。高齢者にはこの上がり框の段差が障害となる。


上がり框を安全に昇降するために、縦手すりと横手すりの取り付けを検討する。

玄関上がり框昇降のための手すりや玄関ベンチの設置

玄関上がり框昇降のための手すり、玄関ベンチ

手すり

上がりかまちを安全な昇降や靴の脱ぎ履き動作の際にからだが不安定にならないように手すりを取り付ける。上がりかまち段差が小さい場合でも靴の脱ぎ履き動作は重心が不安定になるので手すりの取り付けは有効である。

握力が弱く、縦手すりをしっかりと握れない場合、階段の手すりと同様に、手すりの高さを段鼻から測り、勾配に合わせて手すりをとりつける。この場合、手すりの両端は床面に沿って水平に延長する。または、水平に上下2本取り付け、からだを壁に向けて両手で手すりを握り、横移動で昇降する方法を考える。



玄関ベンチ

上がりかまちの昇降や靴の脱ぎ履きを安定した姿勢で行えるよう、ベンチを設置する。

できれば、立ち上がり動作の安全を図るために手すりを取り付ける。手すりは、ベンチからの立ち上がり姿勢を考慮して、ベンチ座面端部から200~250mm程度の位置に縦手すりを設置する。

また、上がりがまちに腰かけて靴の脱ぎ履きをする場合には、玄関ホールの床に手をついて立ち上がる場合に考慮して、ホールの奥行きの有効寸法は、少なくとも1200mm程度、できれば1650mm程度あるとよい。



縦手すりの場合

縦手すりの場合のイラスト

手すりの下端は土間床面より750~800mm程度とする。



横手すりを斜めに取り付けた場合

横手すりの場合のイラスト

上がりがまち段差が大きい場合には、式台を設置する。



横手すりを水平に2本とりつけた場合

横手すりを水平に2本とりつけた場合のイラスト

上がりがまち段差が大きい場合には、式台を設置する。>



立ち上がりのための玄関ベンチ設置例

立ち上がりのための玄関ベンチ設置例のイラスト

ベンチ座面端部から200~250mm程度の位置に縦手すりを取り付ける。



メーカー品(TOTO)にる対応(TOTOのカタログより抜粋)

上がりかまち用の手すりや玄関ベンチなども製品化され、上がりかまち用の手すりはせっこうボードの壁面ではなく上がりかまちに直接取り付けられるようになっているので、工事も簡単です。ベンチは折りたたみ式になっているので便利です。

玄関上がりかまち用手すり、縦手すり、横手すり、廊下階段よう手すりのイラスト