リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

手すりの役割と配慮 ⇒ 高齢者住宅の介護リフォーム

高齢者になり身体機能が低下してくると、歩行時にからだのバランスを崩したり、室内のわずかな段差につまづいて転倒することが多くなる。


手すりは、動作を補助し、安全な歩行や移動を助けるといった役割があり、上肢を使って体を安定させることができる。手すりの取り付けは、介護保険制度による住宅改修項目に該当します。

手すりの種類と特徴

ハンドレール手すり

ハンドレール手すり

からだを移動させる時に手を滑らせながら使用する
直径32~36mm程度
門扉から玄関までのアプローチ
廊下、階段


クラブバー手すり

クラブバー手すり

移乗動作や立ち座り動作のときに、
しっかりとつかまって使用する。
直径28~32mm程度
便器での立ち座り動作など、からだの垂直移動があるときは、手すりを垂直に取り付ける。
玄関、洗面・脱衣室、
トイレ、浴室など


手すりの端部の形状

廊下や階段などで使用する手すりは、衣服の袖口などを引っかけたり、からだをぶつけたりしないように、端部の処理を行う。


望ましい手すりの例

横手すりの端部を壁側または下方へ曲げ込む

望ましい手すり



よくない手すりの例

寝巻きやコートなど、袖口が大きく開いた衣服は手すりの端部に引っかかりやすい。また、端部キャップカバーが外れないようにしっかりと固定する。

よくない手すり



横手すりの取り付け位置

横手すりは、からだが床面を移動するときに重心位置も平行に移動する廊下や階段で主に用いられる。


一般的な手すりの取り付け高さ

床面から750~800mm程度の高さに取り付ける。形状は丸で直径32~36mm程度

一般的な手すりの高さ750~800mm程度のイラスト



前腕を乗せる場合の手すりの形状・高さ

手すりは使い方により形状と手すりの取り付け高さが異なる。握らず手や肘から先の前腕を乗せて移動する場合には取り付け高さは肘を曲げた高さが使用しやすい。床面から1,000mm程度、手すりの形状も肘を乗せやすいように平らのほうがよい。できれば、一般的な手すりを握って移動する手すりと肘を乗せて移動する手すりを2段に設置したほうがよい。

前腕を乗せる場合の手すりの形状・高さのイラスト



手すりの取り付け方法(下地の補強)

;せっこうボードの下に合版で手すり受けの下地を設ける場合、合版部分でネジをしっかり受けられるように全ネジタイプの木ネジを使用する。また、壁下地の補強は、現在検討している手すりの取り付け位置よりも広範囲にわたって行い、利用者の身体状態の変化にも対応できるようにする。
在来工法の場合は、手すり受け金具を間柱自体に取り付けることを避けたほうがよい。手すり受け金具は3本の木ネジで壁面に留める場合が多いが、間柱の幅では2本しか留まらず十分な支持力が得られない。


せっこうボード使用の手すり取り付け方法

せっこうボードを使用しる場合は、手すりの受け材であらかじめ下地を補強して受け材に手すりを取り付ける。

手すり取り付け方法のイラスト



手すり取り付けの壁下地の補強位置

トイレなどの手すりは、身体機能が低下した場合にも対応できるように、あらかじめ広範囲に壁下地の補強をしておくとよい。

手すり取り付けの壁下地の補強位置のイラスト