リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

段差への配慮が必要な高齢者住宅のリフォーム

高齢者になってくると一般的に視力の低下や足腰が弱くなり、歩行時につま先が上がりにくく、すり足に近くなり、わずかな段差につまずいて転倒しやすくなり、場合によっては骨折することもあります。骨折は寝たきりの原因にもなります。


高齢者が自宅で元気に暮らすには段差の解消が安全な生活への第一歩といえます。また、車椅子を使用の場合は段差解消は必衰条件となります。

住宅にみられる段差の形態と解消方法・・・屋外

《地面~居室の床》

スロープの設置・・・1/12~1/15の勾配
スロープのイラスト
地面と1階の床の高低差が450mmあるとすれば1/15勾配では水平距離が6,750mm 必要となり、現実的にはむずかしい。

玄関に可動式(携帯式)スロープを設置することもある。
玄関ホールと玄関ポーチに可動式スロープを設置し、玄関戸の下枠段差まで含めて段差を解消する。取り付けたり外したりと煩わしさはあるが玄関をスロープ化する場合は有効です。

可動式スロープのイラスト

玄関ポーチの階段や道路と地盤面の高低差解消に階段とスロープを併用することが多いが敷地に余裕がないとなかなかできにくい。
スロープと階段を併用したのイラスト


道路に出る前には1500mm程度の平坦部を設けて車椅子での出入りの際、自動車などと衝突事故が起きないよう安全に配慮する。また、玄関ポーチ部分では、玄関ドア出入りのために1500mm程度の平坦部を儲ける。

道路面へのスロープのイラスト

L字溝がある場合は段差をスロープ化する。


段差解消機の設置・・・敷地の高低差が大きくスロープでの昇降が困難な場合

据置式と設置式があり電動と手動のものがある。


段差解消機のイラスト


床を下げて段差解消・・・建築基準法で1階フロアは地盤面より450mm高くすることが決まっていますが床下をコンクリートにすればもっと低くすることができる。

新築や増改築には向くが小規模なリフォーム工事には向かない。


住宅にみられる段差の形態と解消方法・・・屋内

《和室~洋室》

新築・・・床束の長さで調整・根太の大きさで調整

リフォーム・・・すりつけ板の設置・合版等による洋室部のかさ上げ又は和室を洋室に変え床面を洋室に揃える。

合版等による洋室部のかさ上げのイラスト

家全体で和室が少なく洋室が多い場合には和室を下げて洋室の高さに揃えたほうがバリアフリーな段差のない家にとなり掃き出しのサッシなども収まりががよくなり、そのほうが工事費も安く済む。


《洋室~洋室(廊下)》

建具敷居段差の解消・・・床面レベルまで敷居を埋め込む


建具敷居段差の解消・・・への字プレートの設置

敷居を撤去する際に、異なる床仕上げの端部をきれいに納めるためにへの字プレートを上からかぶせて仕上げる。

への字プレートの設置例のイラスト


建具敷居段差の解消・・・V溝レールの設置

建具が引き戸の場合V溝レールを直接床板に埋め込む方法と(左図)と、引き戸下枠(敷居)にあらかじめV溝レールが埋め込まれた部材を使用する方法(右図)がある。

V溝レールの埋め込み方法のイラスト