リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

浴室の手すりのポイント

家の中で浴室は大変危険な場所です。健常者でも裸になり狭く滑りやすい所で立ったり座ったりするのですからときどき事故が起きても不思議ではありません。


これが高齢者になると足腰が弱り、視力が落ちてなおさら危険です。つかまるものがあれば安心です。これからは在宅介護も増えてきますし、安全のために手すりは付けたいものです。最近はほとんどユニットバスになってきましたが、大概のユニットバスには後づけで手すりが付けられます。


浴室の手すり-1イラスト


1. 出入り口には縦手すりを設置すると身体を支えられるので安心です。出入り口付近はドアの開閉動作や出入りの際などに、身体のバランスをくずしやすい場所です。脱衣室側と浴室側に手すりあると安心です。


2. 洗い場は滑りやすいため、浴室内を安全に移動するには横手すりを設置すると安全です。


浴室の手すり-2イラスト


3. ぬれた洗い場の床と浴槽は段差のあり、浴槽をまたいで出入りするのは、身体のバランスをくずしやすくなり不安定な状態となりがちです。浴槽の縁の真上に縦手すりを設置すると、またぎに近い位置で手すりを握ることができ、身体を支えてくれるので安全に出入りできます。


4. 浴槽の上方にL型手すりがあると浴槽内での立ち座りが楽になり、また、横手すりは入浴姿勢が安定するので安心して入浴できます。立ち上がりも安心です。


5. 洗い場に縦手すりを設置すると立ち座りが楽におこなえます。手すりとシャワーハンガーを1本にまとめたスライドバー兼用タイプもあります。

高齢者に適した浴槽の大きさ・浴槽縁高さ

浴室がユニットバスの場合浴槽の大きさや浴槽縁の高さは自由に選ぶことや取り替えることはできませんが、理想の寸法を下記に示します


浴槽の大きさのイラスト


浴槽には和式、様式、和洋折衷とありますが高齢者が出入りしやすのは一般的には、和洋折衷式浴槽です。浴槽内で安定した姿勢を保つのに適しています。高齢者に適した外形寸法は、長さ1,100~1,300mm、横幅700~800mm、深さ500~550mm程度が使いやすく、特に重要なのが浴槽の長さで、浴槽に入った時に、つま先が浴槽壁に届く大きさにすることが重要です。届かない場合、身体が前方に移動して溺れることがあり要注意です。


浴槽縁の高さのイラスト

立位でのまたぎ越しで浴槽に入る場合やシャワー用椅子を利用して入る場合を考慮して、浴槽縁高さは400mm程度を目安とします。