リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

高齢者に配慮した洗面・脱衣室のリフォーム

通常、洗面・脱衣室の有効スペースは、間口1,200mm×奥行1,650mm(壁芯-芯距離で間口1,365mm×奥行1,820mm)程度から、間口1,650mm×奥行1,650mm(壁芯-芯距離で、間口1,820mm×奥行1,820mm)程度です。

階段は転倒・転落などの家庭内事故が起こりやすい、高齢者や障害者のためには、踊り場のある勾配のゆるやかな階段がよい。しかし、現実には新築時にも階段はあまり余裕があるとは言い難い階段が多く、階段下のスペースを物入れにするなどどちらかというとプラン上ジャマな存在になりやすい。リフォームだと階段の危険性は認識されていることは多いがスペースの問題でなかなか改善の難しい場所です。


ベンチやいすを置く場合

高齢者や障害者の利用を考慮すると、いすに腰掛けながら洗面および着脱衣動作ができる広さ及び介助者スペースを確保する必要があるため、有効スペースは間口1,650mm×奥行1,650mmのタタミ2畳分の確保が必要です。



車いすで利用する場合

車いすで利用する場合には、車いすの方向転換を考慮して、最低でも間口1,650mm×奥行1,650mm(壁芯-芯距離で、間口1820mm×奥行1,820mm)程度のスペースを基本とする。

この場合には、出入り口の正面にカウンター式洗面台を配置して、カウンター下部を回転スペースに取り込むと車いすスペースを確保しやすい。



洗面脱衣室のスペース

介護リフォーム洗面・脱衣室のイラスト

壁芯-芯で1,820mm×1,820mmあると、ベンチの設置や介助動作が行いやすくなるが、出入り口の位置や動線計画なども検討する必要がある。


車いすの場合

出入り口の正面に設備機器や収納を配置した状態で車いすの方向転換が可能なスペースを確保する。入浴中に車いすを置くスペース、車いすからベンチや移乗台に移乗するスペース、介助の必要性などについても合わせて考える。



限られたスペースを有効に活用するため、洗面・脱衣室とトイレをワンルーム化することも検討する。

必要なスペースが確保できない場合は、寝室での着脱衣を検討し、併せて浴室への移動方法や移動時の暖房にも配慮する。

介護リフォーム用洗面台、カウンター

洗面台をカウンター式にすると、物を置くスペースがとれ、片麻痺者などが寄りかかりながら片手でも動作がしやすくなるという利点がある。

車いす利用者にとってもからだをもたせかけたり、物が置きやすくなる。このため、洗面カウンターは体重をかけても安全なように堅個に取り付ける。



車いす対応の洗面カウンター

高齢者配慮の洗面カウンターのイラスト


車いすで利用する場合には、洗面動作が行いやすいことから、カウンター式の洗面台が適しており、一般的には車いす対応の洗面カウンターが用いられる。

ただし、高く設置しすぎると洗面動作を行いにくくなるため、高さは慎重に設定する。一般に車いす利用者の洗面カウンターの取り付け高さは床面から720~760mm程度である。

また、洗面カウンター下の排水管は、車いすや膝がぶつからないように壁排水にするか、床排水の場合には左右の隅の壁面に設置する。