リフォームのツナシマ・倉敷市

リフォーム:健康で長生きできそうな家作り

倉敷市周辺でリフォームするなら、ツナシマへ

草が生えてくるのを止める⇒除草シートを敷く

せっかく庭のある1戸建てに住んでいても庭が草だらけではたまりません。取っても取っても生えてくる草取りは虚しさを感じますが、日中、太陽が出て暑い時の草取りはたまったものではありません。


草が生えてくるのを止めないとキリがないというのが現状です。それには除草シートを敷いてしまうのが一番手っ取り早い方法です。水と空気は通すが光は通さず飛んできた種子が発芽するのを抑えますが、まあ、植物はちょっとの隙間があれば生えてきます。


例えば、アスファルトを敷き詰めても端っこの方にちょっとの隙間があればそこに生えてきます。道路でアスファルトの隙間に生えてきた大根など全国的な話題になることもあります。


除草シートでも完全ということはなく、端っこやちょっとした隙間があればそこに生えてきますが、庭の手入れは大幅に少なくて済むようになってきます。お金はかかりますが、かけた価値はあります。


高齢者世帯が増えていますが、歳をとれば草取りも何かと大変です。また、除草シートは水を通しますが除草シートがない場合より悪くなります。水はけを考慮して勾配をとっておかないと虫がわくことがあります。施工には十分な注意が必要です。

除草シートの例

除草シートの上に砂利敷

除草シートの上に砂利を敷いた例


除草シートの上に砂利を敷いた最もポピュラーな例です。レンガ、インターロッキング、枕木、砂利などで敷き分けデザインしている例もあります。砂利を敷いていれば防草シートの痛みがなく、半永久的といいますから、砂利の上に生えた雑草、端っこなどから生えた雑草以外は、草取りから開放ということになります。



除草シートを露出

除草シートを露出させた例


除草シートを露出させたが味気ない。水は通すが、何もない土の状態より通りが悪くなる。露出しているので破れやすくなる。砂利を敷いたほうが安心です。



除草シートに植栽

除草シートに穴を開けて植栽した例


除草シートに穴を開けてそこに計画的に植栽をする。管理をよくしないと穴に雑草の種子が入り込み植えた植物よりも成長することがあるので気を付けよう。



砂利を敷くだけでも効果

砂利しいて雑草を抑えた例


このお宅では除草シートは敷かずにクズ大理石の砂利を敷いて雑草の繁殖をおさえています。何はともあれ、雑草が生えるところを残しておくととんでもないことになります。